取扱業務案内

代表行政書士ご挨拶

行政書士とは?

行政書士は、他人の報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成・提出手続代理・相談、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成や相談を行う国家資格者です。

堅い表現で分かりにくい所もありますが、以前に「カバチタレ」「特上カバチ!」といった行政書士が活躍するドラマが放映されていこともあり、何となく行政書士のイメージがある方もいらっしゃると思います。

行政書士は、大きく2つの特徴があります。

①街の法律家

一般的に弁護士は「敷居が高い」「費用が高い」などの理由で気軽に相談しにくいとよく耳にします。行政書士が街の法律家と言われるのは、弁護士に比べて数が多い事もありますが、ちょっとした法的アドバイスが欲しい時に気軽に相談できる身近な存在であると思います。

②予防法務の専門家

行政書士は書類作成の専門家として、トラブルが発生しないよう、あるいは万一法的トラブルが生じた場合の損失を最小限に止めるため、事前に法的措置をとってトラブル発生の予防に努めます。

行政書士が取り扱う業務は多岐にわたり、全ての行政書士が全ての業務を取り扱うわけではなく、それぞれ専門分野をもって活動しています。
ご相談の際は、お客様の問題に取り組む専門の行政書士に依頼することをお勧めします。また私の専門外の業務については、可能な限り専門の行政書士をご紹介致します。気軽にご相談下さい。

初回相談無料!お気軽にお問い合わせ下さい